個人再生と任意売却について徹底解説

任意売却についての詳し解説はコチラから

こんなお客様に!

こんなお客様にはまだ自宅を守れる方法があります

  • 住宅ローンが滞っている方
  • 住宅ローンが滞り、分割返済ができなくなっている方
  • 住宅ローンが滞り、保証会社から一括請求を受けている方
  • 住宅ローンが滞り、任意売却を検討中の方
  • 住宅ローンが滞り、任意売却中の方(売買契約前に限ります)
  • 住宅ローンが滞り、競売中の方
ちょっと待った!

その任意売却待った!

住宅ローンが滞ってしまうと、住宅ローン債権者(銀行など)から、自宅を任意売却する方法を勧められる場合があります。

しかし、任意売却の場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 自宅を失ってしまう
  • 任意売却をした後に、自己破産などをしなければならい可能性が高い
おすすめ!

個人再生という方法

任意売却をせずに、もう一度自宅を残す方法を検討してみましょう。
以下のようなお客様は、任意売却せずに、個人再生という方法で自宅を残すことができる可能性があります。

条件

  • 競売手続き中でも、裁判所からまだ売却許可が出ていない場合
  • 住宅ローン債権が、保証会社から代位弁済されて、まだ6ヶ月が経過していない場合
  • 任意売却中でも、保証会社から代位弁済後6ヶ月が経過していない場合

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.