個人再生と住宅ローン

住宅ローンの返済、借金問題で悩んでいる方へ

住宅ローン特則で借金整理

住宅ローン特則について詳しく説明→住宅資金特別条項とは?

住宅ローン特則を使った借金整理の事例

住宅資金特別条項を利用した個人再生の事例をご紹介します

01 銀行に交渉

住宅ローンの支払いがきつくなっている

銀行に対して住宅ローンの支払い方法の変更の交渉をします。

1.支払い回数を増やして毎月の金額を下げる
2.ボーナス払いをなくして、月額を上げる
3.一定期間元金を一部すえおいてもらう

02 個人再生を利用

住宅ローンの支払いが数ヶ月滞っている

個人再生で延滞部分について分割払いにします。

5回(50万円)が延滞している場合、この50万円を60回~最終回まで分割して支払う
※通常の住宅ローンに加算しますので、月額は上げることなります。

03 個人再生を利用

住宅ローンの支払いが全く出来ていない

基本的には②の方法となりますが、場合によっては、返済回数を増やしたり、最大5年間に亘って、住宅ローンの支払額を減額してもらう。

04 個人再生を利用

住宅ローンの支払いが全くできず、管理が銀行から保証会社へ移っている

6ヶ月以内であれば自宅を守ることができます。
・今までの約定通りの返済を再度やりなおす
・延滞部分は、5年間で分割払いする
・支払い回数を増やす
・5年間は住宅ローンの支払額を減額する

05

住宅ローンの支払いが全くできず、管理が銀行から保証会社へ移っていて、6ヶ月が経過している

残念ながら自己破産しか方法がないと思われます。ただし、住宅ローン会社が同意してくれれば、民事再生を利用することが可能である場合があります。

自宅は任意売却

個人再生無料相談受付中。下記からお問い合わせください

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.