個人再生と自己破産
個人再生と自己破産どっちがいいの

個人再生と自己破産の違い

個人再生 自己破産
メリット ・支払いや差し押さえを止めることができる
・住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む
・民事再生後、現在の債務(借金)を大幅に圧縮できる
・自動車や保険などの所有する財産を手放さなくてもよい
・自己破産のような資格制限がない(自己破産ができない方でも、民事再生は可能)
・免責不許可事由がない(浪費やギャンブルが原因でも手続きが可能)
・支払いや差し押さえを止めることができる
・借金がゼロになる
・収入に関係なく、手続きができる
デメリット ブラックリストに載ってしまうので、一定期間(5年~7年)借り入れができなくなる
・手続きが複雑なため、時間がかかる
・安定した収入がなければ利用できない
・民事再生の手続きが複雑でまとまった費用がかかる
ブラックリストに載ってしまうので、一定期間(5年~7年)借り入れができなくなる
・所有財産(マイホームなど)を手放す必要がある
・免責不許可事由がある(浪費やギャンブルなどの場合)
・公法上・私法上の資格制限がある
手続きにかかる期間 6ヶ月~7ヶ月 2ヶ月~4ヶ月
申立ての条件 支払い不能のおそれ 支払い不能
弁護士費用
※当事務所の場合
35万円~※住宅なし
40万円~※住宅あり
27万円~
住宅の維持 可能 不可
こんな時は自己破産の前に個人再生をご検討ください
安心してご相談下さい

ご相談・来所予約はこちらから

個人再生に関するお問い合わせや住宅ローンの返済に関するご相談。借金の取立てや毎月のやりくりにお悩みの方など、どんなことでもお気軽にご相談ください。
個人再生(借金問題)についてのご相談は何度でも無料です。遠方のお客様も多くいますので、首都圏以外にお住いの方も是非一度お問い合わせください。

今なら土日祝日も無料電話相談受付中
0120-750-020

ページトップへ
Copyright© 2010 Matsubara・Yamada Law Office All Rights Reserved.